看護師達はみんな同じ悩みを抱えていますよ

看護師転職 → 看護師の転職理由とは?

看護師の転職理由とは?

看護師は転職しやすい仕事だと言われることが多いです。 それは、看護師が不足している施設が多いため、転職先を見つけやすいというのも理由です。 また、せっかく就職をしたとしても、すぐに辞めてしまう人が多い職業でもあります。 もちろん、人によって転職の理由は違いますが、どういった理由が挙げられるのでしょうか。

<参考サイト>
看護師転職サイトおすすめ

まず、給与に不満があって転職を考えているという人は非常に多いです。 看護師といえば給与が高いイメージがあるかもしれません。 確かに一般的な仕事に比べると高収入が期待できますが、仕事に見合った報酬ではない場合もあるのです。

まともに休みを取ることができないのにそれほど報酬が高くなかったり、勤務内容や待遇と報酬が合っていないケースもあります。

次に、仕事の忙しさに嫌気がさして転職を希望する人も多いです。 看護師は、残業が多い仕事でもあります。 予想以上に残業があり、体力の限界を感じて仕方なく転職をする人も珍しくありません。

中には、求人情報に残業なしと書かれていたから転職したものの、いざ働き始めてみたら毎日残業続きという職場にあたってしまった人もいるようです。残業手当がしっかりもらえるのであれば我慢することもできるかもしれませんが、残業手当の他、休日出勤手当が正しく支給されない場合もあるので、そういった場合は転職を検討してみてはどうでしょうか。

それと、看護師の仕事に限ったことではありませんが、人間関係に問題が生じて転職をする人もたくさんいます。 看護師の仕事は女性が多いということもあり、派閥ができやすいという特徴があるのです。

派閥の他に様々な上下関係があるので、そこでストレスを感じてしまうと楽しく働くことは難しくなってしまうでしょう。 仕事に支障が出てしまうほど人間関係に問題を感じているのであれば、人間関係が魅力的な職場に転職をしたほうがいいです。

やりがいを感じられない、キャリアアップしたいという理由から転職をする人もいますが、今より良い職場を探すためには転職も慎重に行うことが大切です。

看護師のキャリアアップについて

看護師の方の中には安定して落ち着いて働きたいという方もいますが、中には出世コースを歩んでいきたいと考える方もいます。看護師の方にもより高いレベルの仕事をしたり、管理職的な立場になる事で出世の道を歩んでいく事ができます。

出世というと高収入をイメージする方も多いと思いますが、看護師としてより責任のある立場に就く事で看護師の中でもリーダー的存在として活動し、患者さんにもより多くの安心を提供できる存在になる事でもあります。

看護師としてキャリアアップを目指す場合にはまずは資格取得があります。看護師の資格の上にはさらに専門性を高めた上位の資格として認定看護師というものがあります。

がんや精神疾患など特定の症状ごとに認定資格が設けられており、その資格を取る事で、キャリアアップを図っていく事ができます。これは単純に取ると良いというよりも、その職場で役立てていく事ができる資格を取得する事をお勧めします。また、取得して生かせる職場に転職するのも良いと言えます。

また、有名大学病院などに転職をするのも看護師の中では人気です。病院と言っても様々な病院がありますが、特に都市部の有名大学病院は看護師から人気が高いです。

もちろん実力のある看護師の方が揃っているため、キャリアを積んでステップアップとして転職を検討する方は多いです。収入も伸びやすくなります。看護師の仕事は地方よりも首都圏の方が高収入になりやすいです。その中でも有名大学病院は高収入になり、年収600万円などの水準も狙えます。

他の場合としては看護師長や看護部長を目指すという道もあります。今の職場などで仕事を前向きに取り組んで頑張る事で、周りの看護師の方から認められる存在になればこうした管理職としての立場になる事ができます。

ある程度の年齢が必要になる場合もありますが、40歳の看護師長で年収800万円、50歳の看護部長で年収1000万円などの例もあります。途中で 結婚などをして途中で退職する方も多い看護師ですが、両立をしながら目指すのもお勧めです。

離職率の数字から見る看護師の転職事情

転職を検討している看護師の方が気になる方も多いのが離職率です。離職率はその職場を辞めてしまう方が全体のどのくらいの割合なのかを表す指標です。もちろん離職率だけが全てという訳ではありませんが、数字を読み解く事で一つの参考にする事ができます。

まずは都市別の離職率ですが、都市部で比較的高めとなっています。東京や神奈川、大阪では約14%となっています。これは都市部の方が病院の仕事は忙しくなりやすい傾向にある事が原因と考えられます。

看護師の収入は地方よりも都市部の方が高めの水準となっています。これは上記のように都市部の方が来院する患者さんの数が多く、ベッド数も多い病院が多いため、看護師の仕事も忙しくなっている事が理由です。

その分収入に反映させる事で、看護師の方にも還元されているという形が取られています。ですがその忙しさから体力的な負担も大きく、途中で退職してしまう方も多い傾向になっています。転職を検討する際はどの程度の仕事までなら良いのかという事を決めておくと良いでしょう。

次に新人の看護師の方の離職率ですが、これは意外かもしれませんが高知県が約14%と高い数字となっています。2位以下は11%程となっており、高知県が大きく離れて1位となっていますが、これは高知県の病院が新人看護師に対してハードという訳ではなく、病院の多さが理由と考えられます。

高知県は医師や病院が多い都道府県として1位の地域であり、それだけ求人も 豊富にある事が考えられます。そのため転職も盛んで、人の入れ替わりも多いと考えられます。

こうした数字を見る事で様々な事が分かりますが、大切なのはその数字だけで全てを判断しないようにするという事です。どの職場もやはり実際自分の目で見てみるのが一番確実な判断の仕方になります。

数字だけで判断して、本当は良い職場なのに見逃してしまうのは勿体ない事なので、ぜひ冷静に判断する事を意識していきましょう。転職サイトでは様々な求人が掲載されているため それらを比較検討して、あなたにとって理想の職場を見つけていきましょう。