看護師の給与についての詳細

看護師といえば比較的高収入が期待できる仕事として知られています。 一口に高収入といっても非常に個人差が大きいのですが、勤務する施設はもちろん、学歴や経歴によっても給与や手当による報酬が変わってくることを理解しておきましょう。

実は看護師が高収入であると言われる大きな理由は、手当に関するものが大きいのです。 特に夜勤手当の相場は、病院によって大きく違います。 3交代制の場合は平均5千円程度、2交代制の場合は平均1万円程度となっています。

あくまで平均なので、1.2万円になったり、2交代でも8千円程度だったり職場による違いは大きいですが、夜勤がある職場では夜勤手当も必ず確認しておくことが大切です。 看護師が得られる手当としては他にもたくさんあり、病棟手当や住宅手当などもあります。

また、精神科や放射線科で勤める場合は危険が伴いますが、こういった職場で働く場合は危険手当と呼ばれるものが付けられます。他にも通勤手当があるかどうかということも確認しておいたほうがいいでしょう。

当然のことながら、手当が充実している病院で働いたほうが収入が増えたり、出費が少なくて済みます。 具体的な給与事情は様々なことが関係して変わってくるので一言では言えませんが、手当の他にも職位・勤務施設号棒・号棒など、給与を左右する条件はたくさんあります。

全てを正しく評価してくれる職場ならば問題ありませんが、こんなに働いているのにどうして給与や安いのかと不満を持っている場合は転職も視野に入れたほうがいいでしょう。 中には労働内容と給与状況が釣り合っていない職場もたくさんあるからです。

勤続年数や資格手当なども確かに重要ではありますが、働く職場によって環境は大きく異なります。 給与に満足できていないという場合、他の職場に比べて基本給や手当による報酬が低く設定されている可能性もあるでしょう。

職場がある地域によっても給与は変わってきますが、自分の給与が高いのか低いのか判断するためには働いている地域の給与相場を調べ、比較するのもいいですね。

ページの先頭へ