看護師の仕事と子育ての問題

育児に関する問題というのは、看護師にとっても大問題です。 中には、まともに育児休暇を取らせてもらえないような職場もあるようです。 特に、転職をする際には育児休暇などをしっかり取ることができるのか確認しておいたほうがいいでしょう。

いざ妊娠をしてから育児に関するサポート体制が全く整っていない職場だと気付いても遅いので注意が必要です。転職をする際には、例えその時点で独身または既婚者でも子供がいないという場合、妊娠・出産に関することも質問される可能性が高いです。

これはもちろん、「うちで働くなら妊娠してもらっては困る」という意味の質問ではありません。 もし子供が生まれ、急に体調を崩してしまったりした時に対応することができるのか?ということを問われることが多いです。

この時に、特に何も考えていない、休みをもらいたいなどと答えてしまうと、不採用になってしまうことがあります。 やはり、預かってくれる友人や家族がいる、と答えることができれば理想的です。

それと、看護師は求人情報が非常に多いということから簡単に辞めてしまう人が多く、病院側はそれを恐れています。今はまだ妊娠の予定はないけれど、子供ができたら仕事を辞めようと思っていると答えてしまうと、ほぼ確実に不採用になると思ったほうがいいです。

産休・育児休暇を取り、職場復帰を考えていると伝えたほうが無難です。 出産や育児についてどれくらいのサポート体制が用意されているのかというのは、病院によって大きく違います。

もし、子供が生まれた時の話を面接でされ、産休・育児休暇を取られるのは困るという反応をされた場合、あまり働く女性のことを考えていない職場だと判断できます。 こういった職場では、働き始めてからもなにかと苦労することが考えられます。

ただ、面接に行ってから「この職場はちょっと…」と思ったとしても、もう遅いですよね。 できれば看護師専門の転職情報サイトなどを活用し、事前に情報を得ておきましょう。

ページの先頭へ