看護師の仕事、看護教員の求人について

看護教員とは、看護師を育成する学校で働く教員のことです。 看護師としていろいろな職場に勤めてみたものの、教員の仕事に興味があるという方はこちらも検討してみると良いでしょう。

ただ、どの職場を選択するかによって求められる資格は違うので、自分の持っている資格のみで応募が可能か確認したり、新たな資格の取得についても検討していかなければなりません。

気になる給与についてですが、公務員として働きたいと思っている方におすすめなのが公立高校看護科や大学という選択肢です。 どの地域で働くかによって給料が違ってくるので、各地方自治体のホームページで発表されている地方公務員給与俸給表というものをチェックしてみましょう。

公務員として働く場合にも最終学歴が何なのかによって給与は違ってきます。

自分の経験を重視した給与決定を望むのであれば、私立高校看護科を選択すると良いですね。 こちらは俸給表としての提示などはないので、就職をする際によく確認しておかなければなりませんが、経歴によって給与が変わるという特徴を持っています。

専門学校の場合は、付属病院の俸給表に基づいて給料が決定されることが多いです。 看護師時代には夜勤を担当していたという方も多いかと思いますが、看護教員として勤める場合には夜勤がないため、収入は下がってしまうケースがほとんどだと思っておいた方が良いですね。

しかし、休日が確保されていたり、ゴールデンウィークやお正月にはカレンダー通りのまとまった休みが取れるといった魅力はとても大きいといえるでしょう。

稀に休日出勤もありますが、週休2日の就業規則となっている職場ではほぼ毎週土日に休むことができます。

ただ、私的な事情で休みを取るのは難しい職場だと思っておいた方が良いですね。 病院などの場合は、同僚に代わりをお願いすることも可能ではありますが、教員は数が限られているため、代わってもらうのは難しいのです。

こういった休みの事情についても考えた上で検討してみましょう。

ページの先頭へ